着物の喪服を着用する機会が減ったこともあり、喪服をフォーマルの式服や普段着の洋服へのリメイクをご提案させていただいております。 


◆ 高知県

郵送でのご相談でした。現在着用できるワンピースを送っていただくところが始まり、仮縫い、本縫いで納品という流れです。仮縫いの時点でほとんど修正点はなかったのでスムーズに納品させていただきました。共帯(喪服用の帯)は、和装バッグ(利休バッグ)にリメイクさせていただきました。喪服の八掛け(裾の裏地)は共布を使用していますので、ジャケットなど制作も可能です。

名古屋帯からのバッグのリメイクは好評です。


◆ 堺市

袷の喪服からワンピースのリメイクです。ボードネックで衿が丸いのが特徴です。雑誌の切り抜きのイメージからの制作でした。先に試着用のワンピースを試着いただき肩幅や身幅、袖丈、着丈を確認いただきます。それぞれの修正点を考慮しながら仮縫いなしで仕上げました。

家紋を袖と身頃に入れていますのでオーダー感が出ています。お客様からもイメージ通りと喜んでいただきました。


◆ 東大阪市

絽の喪服からのリメイクです。姑さんの着物でサイズがどうしても合わないためリメイクされました。絽の喪服も限られた時期しか着用しないので、このような夏用のワンピースにされるのはお勧めです。

絽の感じを残すため袖には裏地を付けずに身頃のみ裏地を付けています。袖は七分袖でネックラインも素敵な感じに仕上がりました。


◆ 徳島県

喪服の反物からのリメイクです。反物なので裁断されておらず状態もよかった「浜ちりめん」でした。お嬢様のロングドレスに制作させていただきました。

試着用シーチングのノースリーブ9号サイズを着用いただきました。ウェスト部分を16㎝くらい絞り、着丈をロング丈に、ネックラインはペンタゴンネックで制作させていただきました。


◆ 大阪市

長襦袢や喪服の反物からブラウスを制作させていただきました。喪服の反物には紋も入っていましたので、折角なのでブラウスを制作する際に紋を身頃に残させていただきました(紋を入れるか入れないかはお客様の判断にお任せします)

長襦袢からのブラウスも柔らかい感じで仕上がりました。


◆ 大阪市

喪服の共帯からのリメイクです。和装バッグを2つ制作させていただきました。和装でも洋装でも使えそうな感じに仕上がりますので、このパターンのリメイクはお勧めです。


◆ 大阪市

形見の喪服用の羽織です。その黒い羽織からふくさ袋を6つ制作させていただきました。黒い羽織で地紋があるため形見分けなどにこのような袋は最適だと思います。


◆ 大阪市のお客様

おばあちゃんの喪服からのリメイクです。袷はお孫さんがワンピースとボレロを制作しました。

絽の喪服は娘さんがワンピースにされました。生地としては、高価な喪服ですのでこのような活用方法は最適かと思います。

絽の喪服は七分袖で袖口に切替が付いておりフレアになっています。


◆ 和歌山市のお客様

袷の喪服からジャケットとブラウスを制作させていただきました。雑誌の切り抜きからの制作でパターンの際はメーカーに電話をして細かな形を確認して同じようなイメージで制作させていただきました。

思い出の布で素敵なジャケットぼブラウスが出来上がりました。

◆ 明石市のお客様

喪服用の名古屋帯からの縦長のバッグです。口部分はマグホックで留めるタイプで、2本の帯から2つ制作させていただきました。喪服を洋服にした場合、帯が残るのでそれをバッグにリメイクされる方が多いです。マチも10㎝ほどあり使いやすいと思います。